それも人生

友達が少ないのでひとりごとを言っている

マイナビ Laughter Night オンエア争奪バトルLIVE(2018.10.27)/推しが出るならぜひとも行きたい!

マイナビ Laughter Nightの観覧に昼と夜どちらも行ってきました。ラジオの公開録音が初めてで、勝手が分からず不安なところがあったので、書き残しておこうかなと思います。


・応募から観覧まで


マイナビ Laughter Nightというのは金曜深夜にTBSラジオでやっているネタ番組で、テレビであんまり見られない若手芸人のネタも楽しめるありがたい存在です。そもそもテレビのネタ番組が少ないので、純粋にネタだけ見られるのもありがたいです。


Twitterで観覧募集を見かけ、好きだなあと思っている芸人さんが数組、名前は聞くけどネタを見たことがないなあと思っている芸人さんがたくさん出場すると知って応募しました。急に思いついたので、二次募集の枠でしたが昼の部と夜の部どちらも当選のメールが来ました。


この応募がちょっと面倒くさくて、Pass Marketというところを介せと指示されるのですが、Yahoo!のIDが必要です。生活全てをGoogleに委ねるAndroidユーザーなのでYahoo!IDはSKY-HIのライブのチケットを買う時しか使いません。パスワードを思い出すのに時間がかかった。



無事メールが届いたら、当日赤坂のTBS放送センターに向かいます。赤坂駅の3b出口から出たらいいよ、とは書いてあるものの放送センターのどこに行ったらいいのかが分かりません。3b出口を抜けて、右手に赤坂BLITZというライブハウスを見ながら直進するとTBSの建物があります。

f:id:ikihomom:20181101105918p:plain

この1階玄関から入ったらいいのかな、と思いきや「右手に進んでね」という案内があります。右手に延びる進むと赤坂BLITZの搬入口などがあり、ここで合っているのか…?と不安になる裏道感ですが、進んでゆくと細めの階段が見えてきます。それを上がると、階段の途中が観覧受付の3階エントランスです。地味な外観なので、これも合っているのかな?と不安になります。人が入っていくのを見て、通り過ぎた道を戻ることになりました。


受付でメールを見せながら申し込んだ名前を言うと、会場に来た順に振られた番号の名札が渡されます。昼の部は13:30開場でしたが、13:45頃に行ったら81番、夜の部は17:30開場で17:35頃に行くと66番でした。自由席なので、良い位置で見たい人は開場時間に余裕をもって行くことをお勧めします。


エントランスで少し待ったあと、10人ずつくらいで番号が呼ばれ、小さなエレベーターでスタジオのある階に運ばれます。番号順にスタジオに入り、好きな席に座るというシステムです。席はフラットで、演者の足元はほぼ見えません。ネタをしっかり見たい人は前方の席を確保した方が良さそうです。わたしはあまり身長がないので、漫才はボケかツッコミどちらかしか見えませんでした。

f:id:ikihomom:20181101110003p:plain

座席にはクリアファイルとオリジナルボールペンが置いてあり持ち帰ることができます。ファイルの中にネタ順を書いたメモ用紙とアンケート用紙、投票用紙が入っています。おもしろかった5組の芸人を選んで投票した結果が、ラジオのオンエアに反映されます。メモ用紙は持ち帰ることができるので、細かくレポートを書いている人やネタの名前を書くだけの人いろいろでした。

f:id:ikihomom:20181101105841p:plain


・昼の部 感想

※ネタバレはしてないと思うのですが、どこまで詳しく書いていいのかよく分からないので、問題がありそうだったらTwitterかコメントで教えてください。

1. ネイチャーバーガー

居酒屋の悪口。偏見がすごい

2. フランスピアノ

バイトの面接。楽しい

3. ミヤシタガク

ホームルーム。いい脚本、ワクワクしちゃう展開。

4. スイラン

和風。いいゲームを発明してました。テンポが良くて心地いいです。M-1の3回戦はまた別のネタでしたがそれも見やすかった。ファンになりました。

5. まんじゅう大帝国

えび。ネタでもトークでも全然演者の素が見えなくて笑う。キャラづくりが徹底している印象。Eテレとか似合いそう。

MC➀

5組終わるとそこまでの演者全員とTBSアナウンサー伊藤楓さんのMC。ミヤシタガクさんが入りの時に「今日はおひとりですか?」と宮下草薙のじゃない方に間違えられたという切ない話をしてました。まんじゅう大帝国の背の高い人は今度の日曜日のウルトラマンに怪獣役として出演されるそうです。

6. 宮下草薙

ドライブ。世界観の広がりが見事ですね。めちゃくちゃ間を取る芸はもう少し短くてもいいかなと思う。

7. プリズムシャワー

日本語講座。性格が悪いところが展開や言葉選びに上手く出ていて好きです。

8. バンドーラ

ピザ。ほぼひとり漫談。ずっと何言ってるんという感じで好き。

9. エル・カブキ

時事漫才、貴乃花とかM-1とか。滑舌がいいな〜

10. アンダーバー

自殺。悩みとかどうでも良くなりそうなバカバカしくていいコント。

MC②

エルカブキが無双していました。アンダーバーは人力舎のトリオつながりで解散するなよ〜といじられる。卯月の余韻は大きいんだなと実感。

11. カカロニ

女の落とし方。初めて見ました。クセ強!

12. マリオネットブラザーズ

将棋。羽生名人と戦う。

13. チャイスー

寿司職人とキックボクシングのショートコント。

14. ニュークレープ

機種変更。擬人化いっつもすごいなあと思う。デビさんが想像よりでかい。

15. うどんとみかん

ボイパ。香川県和歌山県出身らしい。うどんセットアップの衣装がめちゃかわいい。

MC③

ニュークレープのナターシャさんの無双。「わらったりーや!」でどんな滑りも救出できるので無敵です。かっこいい。

16. 鬼越トマホーク

ふたご。漫才やるのほんと楽しそうなので好き。M-1残って欲しかったな。

17. 街裏ぴんく

バイト。今日1番心に残っているのがこのネタ。雲動回って思わず書いた。シャイン、ブライト、ブリリアントがツボ。絶対放送されて欲しい。

18. ウェンズデイズ

カップル漫才。女性の方はツンデレな設定なのか。最後までどういう風に見ていいかわからなかった。

19. トム・ブラウン

なかじMAX。何回見ても面白いのですごい。面白さの圧を感じる。

MC④

MCでは1組ずつ「トーク→告知→紹介コメント」という流れになっていました。紹介コメントはオンエアされることになった時にネタの前に流れるやつです。コメントはお客さんの前で録るものとは知らなかったので、これも聴けるんだ!とお得な気持ちになりました。紹介コメントを録るときは客席もピリッとして演者の人もバッチリ決めていたので、芸人はやっぱプロだなーと思っていました。しかし、ここへ来て鬼越トマホークのお二人が録りなおしたいと言い、トム・ブラウンも納得いかないと言い出しグダグダに。他の芸人さんがトークされてるあいだ耳打ちしてる鬼越トマホークのお二人の画がかわいらしかったです。


昼の部が終わり、この中から5組に投票するのですが、どれも面白すぎて選ぶのに悩みました。
ミヤシタガク
・スイラン
宮下草薙
:鬼越トマホーク
街裏ぴんく
の5組を選びました。オンエアを楽しみにしています。


・夜の部 感想

1. スタンダップコーギー

しゃぼん玉の作り方。とっちらかってて笑いました。とっちらかり芸の方なんでしょうか?勉強しときます。

2. ダニエルズ

刑事。M-1の3回戦でもやっていた「大きい声出したでしょ!」ってネタのコント版です。初めて見たのであさひさんの性別が分からなかった。

3. しんがり

関西の人はノリがいい。「それはもうアウトレイジやないか!」というツッコミが印象に残ってる。

4. ポテンヒット

幼なじみ。少女漫画あるあるのメタコント。面白かったけどもうひとひねりあったらもっと楽しかったな。

5. 魔人無骨

ペットショップ。初めて生で見たけど、芸が達者すぎて圧倒されてしまいました。漫才がうますぎる。人生何回目なの。

MC➀

魔人無骨が「このネタ準々決勝でやるつもりだったんですけど、思っていたよりウケが良くないのでネタ変えます…。ラフターナイトのお客さんを何より信用しているので…」と言っていました。そんなことないけど…!めっちゃウケてたけど…!と思ったので準々決勝どんなネタで来るのか楽しみにしています。

6. ママタルト

パンが好き。ネタを見るのは初めて。檜原さんのブログがめっちゃ面白い。愛読してます。
ママタルト檜原|note

7. クロコップ

はたらくくるま。超面白かったけど、フリップ芸なのでラジオに向くかどうかは分かりません。荒木さんのませた幼稚園児の演技が白眉。空手家だけじゃなくて、全部のネタ面白いこともっと知られてほしい~!

8. しんぷる内藤

下校。謎過ぎサイコパスオチで好き。

9. ザ・マミィ

言葉を売る人。面白いなあ。

10. ザ・パーフェクト

笑けずり以外で見るの初めてだったので、すごく洗練されている…!と感動してしまいました。手数が多くて、テンポが速くて、なにより二人が楽しそうなのが良かったです。

MC②

大鶴肥満さんは渋谷の地味ハロウィンの中抜けでラフターナイトにいらしていたらしい。


クロコップはラフターナイトに出るのは、ラジオ映えするネタがないし…と消極的だったけど、アマレス兄弟がオンエアされていると聞いて出演を決めたらしい。アマレス兄弟レスリングをする人たちです。

11. コマンダンテ

喧嘩の仲裁。にちようチャップリンでやっていたので見たことあるネタだったけど、生で見ると後半のわちゃわちゃ具合がより映えますね。「仲裁弁当」ってまじ何なの。

12. おちもり

明るい性格。皮肉屋な自分と重なるところが多く、めちゃくちゃ性格悪くてとっても好きなネタでした。二人は本当は仲がいいのか気になります。

13. 浜村凡平

ホームルーム。第三の目というファンタジー設定。突飛さがずっと予想を上回るので、だんだん怖くなってきます。超面白かったです。

14. サツマカワRPG

プロポーズの練習。ラジオじゃ伝わらないと思うのですが「つらいけどサンバ」と書いてあるくたびれたTシャツを着ていました。後半の猟奇的な展開とのコントラストも効いていました。サツマカワさんがコントの中で女の子に「さっくん」と呼ばせるのが何だか好きです。

15. なにわプラスチック

しりとり。サイコパスコントが続いた後のほっこりしたネタ。

MC③

おちもりの森さんの家がめちゃくちゃ汚いという話。床に生肉が落ちていて、本棚にレタスが挟まっているらしい。強いエピソードトーク

16. 錦鯉

刑務所の慰問。面白かったけど倫理的に大丈夫なのか心配になる。

17. コロナクラウン

3億円の使い道。ネガティブなハーフというギャップだけで美味しいのに、ボケの引き出しが多くて手堅い漫才なのでより面白い。「豪華客船住みます芸人」とか強めのワードが効いてました。

18. 馬鹿よ貴方は

結婚の挨拶。M-1三回戦でやっていたネタ。

19. アマレス兄弟

レスリング解説。レスリング全然分からないけど笑ってしまいます。青い人の実況アナウンサーのような明瞭なセリフがじわじわ来ます。

20. 魔族

ハロプロ。遠足のおやつ。サドヤマさんが噛むというのはレアだそうです。

MC④

魔族のマゾの人がトークが自分の番になるのに合わせて、スッと両手を乳首にスタンバイさせるのがめちゃくちゃ面白かった。コロナクラウンが魔族におびえているのも笑いました。出番表に錦鯉、コロナクラウン、馬鹿よは漫才と書いてありますが、アマレス兄弟レスリング、魔族はSM、というジャンル分けになっていたそうです。


夜の部で選んだ5組は
・魔人無骨
・クロコップ
・ザ・パーフェクト
・浜村凡平
アマレス兄弟
にしました!これもみんな面白くて選ぶのに迷いました。

・感想まとめ

このブログをまとめているうちにオンエアされるラインナップが決まっていました。街裏ぴんくさんが入っていてとっても嬉しい。漫談だけど、映像が浮かぶような想像力かきたてられるほら話でした。街裏ぴんくさんのネタはいくつか見たことがありますが、今のところこの羊蹴るバイトの話が一番気に入っています。


今回初めてラフターナイトのライブに行ってみて、ラフターナイトの今月の一番に選ばれるのはめちゃくちゃ難関であることが分かりました。思っていた以上に面白いネタばかりで、20組から5組選ぶのも断腸の思いでした。それを考えると改めて、今月の一番を集めたライブで王者になったやさしいズはすごいし、2連覇した空気階段は超すごいですね。

だからといって、チャンピオンライブを見たらめちゃくちゃ面白いのかというと、そうとも限らないのが実際だと思います。今月の一番はより多くの人が面白いと思ったネタが選ばれ、自分が超気に入ったネタは一般受けはふるわないかもしれない。世間一般が面白いとは言ってくれないけど、この自分だけは最高にハマってしまう、そういうネタはどこに行ったら会えるのかというと、やはりライブなのでしょう。特にいうほどでもない平凡なことですが、ネタをラジオで聞くのもいいけれど、表情や空気感までは伝わらないしな。

なにせこのライブは無料!さらにトークもありますし、自己紹介コメントという通常のライブでは見かけないレアなボケも見られるのです!推しの芸人が出演するなら逃すわけにはいきません。たとえオンエアされたとしても、コメント前後のわちゃわちゃしたりぐだぐだになってしまったりの可愛いシーンはどこにも記録されないのです。だったらこの目に焼き付けたいです。

受けやすい会場だと、周りが笑いすぎていて自分が冷めてしまったり、自分はウケてなくても笑わなきゃなんだか空気を悪くしている気がしたり、疲れてしまうことが時々あります。マイナビラフターナイト公開収録はそういう面があるんじゃないかと心配していました。しかし、一番受けていても笑い声をあげているのは会場の半分くらいかな?という印象でしたし、しっかりマイクで拾ってスピーカーから聞こえているので、笑い声でネタで何言っているか聞こえないということもありませんでした。演者からすると客が重いと感じるのかもしれませんが、観客としては自分が面白かったところだけ気ままに笑っていい、肩の張らないライブでした。


というわけでマイナビラフターナイトの公開収録は、かなりいいライブだなあと思ったので、関東近郊の人はぜひ行ってみよう。という話でした。無料だしね。また応募したいと思います。おわり!