それも人生

友達が少ないのでひとりごとを言っている

行列の先頭グランドカーニバル(18.10.5)を観た/全出演者感想

中野ZEROホールは初めてだったのですが、2階席でも一番前だったせいかよく見えてよかったです。
1300席完売は納得の豪華な顔ぶれでこんなに贅沢していいのかなと思ったくらい、大満足でした。
今後どこかで披露するかもしれないので、ネタについての感想はぼやっとしておきます。



サプライズゲスト:アキラ100%

いつものお盆をひっくり返して花火が上がるつかみに始まり、うきわの使った芸で緩んだかと思うと、今度は皿回しをしながら一回転ターンをするとのこと。会場が感嘆していました。最後はいつものお盆をおたまに変えて緊張感のある芸を披露し喝采を浴びていました。ステージが広かったので、下手側と上手側で2回パフォーマンスをしてくれたのもあったり、サイドからアキラのアキラが見えてしまうかもしれないことをお詫びしたり、やさしい人なんだなあと思いました。

オープニングMC:ウエストランドラブレターズアルコ&ピース

6人で並ぶと平子さんだけ圧倒的でかさだったのがウケてました。平子さんはどんなメンツと絡んでもカラーが薄くならないのですごいですね。アキラ100%を袖からみんなでみていたらしく、おちんぽの話題ばかりになり「今日はおちんぽカーニバルですよね?」ととぼける平子さん。「えっおちんぽのネタつくってきてないんですか?」と酒井さんが乗っかり、井口さんが「何で1300人の前でずっとおちんぽのネタやらなきゃいけないんだよ!」とキレたあと「だから平子さんとMCやりたくねえんだよ」とぼやいた流れがキレッキレでした。



1.さらば青春の光 ヒーロー

このネタはKOCで2本目にやったネタと聞いていたので、見られて嬉しかったです。なにやるのかなあ、もうM-1予選やってるし漫才かなあ、とワクワクしていたら、火の中に立つ東ブクロさんを見て「あっヒーローだ…」と気づいたら涙が出てきてしまいました。Youtubeで一瞬上がったのを見てしまってたので、初見では無かったのが残念。お笑いライブで泣いてるキモい客になったことに動揺してしまって面白かったかどうかよく覚えてないのも残念。動画撮るところはやっぱりツボ。

2.モグライダー 空き巣

 ともしげさんはほんとうに裸足なんだな。芝さんを初めてでかいハコでみたら、脚の長さにびっくりしました。MCで言ってましたが、伊達メガネは職質を避けるためなんですね。一本道で4回されたことがあるとか。モグライダーをあまり見慣れていなかったので、「芝さんとともしげさんでビジュアルの世界観違いすぎだけど、これは意図されたものなのかしら」などと考えてるうちにオチが来ていた。

3.アルコ&ピース データ収集

 平子さんが「騙されていたんだ、俺の周りの人間はすべて俺のデータを集める研究員なんだ」と突然嘆きだす厨二的導入の漫才。平子が平子過ぎて、クサいセリフに2回くらい鳥肌が立つ。こってりハイカロリーなので過剰摂取は心身に影響を及ぼす可能性がありますね。D.C. GARAGEは毎週楽しみに聞いているけどね。

4.ラブレターズ 履歴書

 お父さんの変わった趣味にたじろぐ息子。いいフォーマットだなあと思う反面、妄想はもっと奇抜でもいいのにと思ったり。

5.さや香 結婚式のスピーチ

 大阪ゲスト1組目。好きだった親友の結婚式のスピーチを練習したいというネタ。いっつも石井さんの顔が整って濃いなあと気にかかってしまいます。新山さんは悲愴感たっぷりに嘆く男が似合いますね。感情を露にしがちな大きめの新山さんと、冷静で小柄な石井さんという型は安定だなと感じるけれど、ただひとつ石井さんの顔はしっかりしすぎなんだよなあと考えてしまう。

6.見取り図 婚活パーティ

 大阪ゲスト2組目。結婚したい盛山さんに、リリーさんが婚活パーティを勧め候補の女性を演じます。普段動画などで見ているときは盛山さんのビジュアルのインパクトに気を取られていたんですけど、リリーさんってイケメンなんだなと気づきました。


中MC:モグライダーさや香、見取り図
 

7.ウエストランド 結婚相談所

 マイナビラフターナイトで聞いたばかりのネタ!手堅い展開で好きなネタです。つかみで結婚ネタつづきであることをエクスキューズして笑いをとっていたような気がする。あと、マイクに河本さんの声があんまり入ってないことに気づいてか、もっと声出せよ!とネタの中でうまいこと言ってそれも笑いにしていて、井口さんほんとうに器用だなあと思った記憶。声小さいいじりは、ぶちラジとかでよく見るテンプレだ!と思って嬉しかったです。
youtu.be

8.ジャルジャル ラグビー

 ラグビー部時代鎖骨を二回折ったことを言われたくない福徳さんがいろんな話題を投じて話をそらそうとするも、後藤さんは必ずラグビーに結び付け福徳が鎖骨を折ったことを話してしまいます。Youtubeに毎日上げているネタでは、片方が話しているのをBGMに、もう一方が心の声を大きな声で言っている、という演出がありますが、それを生でやっていたのはすごい技術じゃないか?と思いました。今回のネタでは観客から見ると、後藤さんが一人ぶつぶつ語っているのよりも、福徳さんが「あ!これラグビーの話になる!絶対なる!」と慌てる心の声の方が大きく、ところどころ後藤さんの話のワードがはっきり聞こえる、という演出でした。後藤さんが声の大小を調節しながらにしても、音響さんがボリュームの上げ下げをしているにしても、結構リハしとかないといけないんじゃないか…?って感動してしまいました。タイミングも合わせてるし…。その感動を抜きにしても見事なネタだったなあ。見られてハッピーでした。
www.youtube.com

9.うしろシティ かあちゃん

 「お母さんてば子供の学校ジャージとか着たりしてて恥ずかしい」あるある(?)を綺麗にコントに落とし込んだなと思いました。初見だったのもあるだろうけど、ワクワクしてみてしまいました。今日のコントの中では一番好き。絶対いつかキングオブコント優勝してほしい2人です。

10.ゆにばーす ラジオパーソナリティ

 はらちゃんがラジオパーソナリティをやりたいと言い出し、それを車の中で聞く川瀬名人Twitterをみると素人からのケンカを余すことなく買ってるのに、漫才ではできるだけ多くの人間にウケるウケる王道の笑いを厳選して、ガッチガチに仕上がっているの、川瀬名人は一体どういうバランス感覚なのか謎だなあと思っています。安定して面白くてすごいよなあ。

11.Aマッソ Pちゃん

 村上さんの最近できた友達Pちゃんについて語る。相変わらず無免許運転の急展開続きの漫才だけど、ちゃんと拾いきれる範囲に収まっているないいぞいいぞ…と思っていたら事件が起こった。村上さんのセリフの途中で数秒間の沈黙が1300人を襲い、「村上さんは随分ためるな~~~攻めるな~~~、賞レースだと時間制限あるからこんなに攻められないよな~~~、今日見た中で一番の間をとっているんじゃないか~~~、なんだかおもろくなってきたな~~~、間をとればとるほど面白いということがあるんだな~~~、すごいセンスだな~~~」とか考えていたら、「…ん?まさか飛ばした?」とこらえきれなくなった客席から笑いがこぼれると、つられて加納さんが吹き出し、村上さんとステージの後方に下がってネタを確認。ここで今日一番の笑いが出たのではないでしょうか。「小学生から一緒だからね、分かるんですよ!」加納さんがネタを飛ばしたこに気づいたよ!とのフォローをし、村上さんのセリフの前の加納さんのセリフからやり直し。1分前に聞いたことのある下りの繰り返しに笑わされ、この辺の一連の流れは途切れずずっとウケてたと思います。M-1でも見たいから追加合格されていてほしいなあ。

12.ラバーガール 保育園

 女装した大水さん演じる保育士が、見学に来た入園希望の父親・飛永さんを案内します。サンドウィッチマンでも似た設定のを見たことがあるなと思いましたが、ラバーガール風味でゆるっと味付けされていて大変美味しくいただきました。


中MC:Aマッソ、ゆにばーす、ハナコ

 KOC優勝のハナコに、川瀬名人が「どんな気持ちなの?気持ちいい汁とか脳内にあふれるの?」と気持ち悪めの聞き方をするも、菊田さんは興奮で記憶があんまりないんだよなあと返す。村上さんが「脳みそすかすかやなあ!」と茶々を言うと間髪入れずに「脳みそすかすかはお前や!」とネタを飛ばしたことに言及。もっといじるのかなと思っていましたが、あくまでこのMCのメインはハナコへのフィーチャーだから控えめだったかもしれないですね。ゆにばーすに続いてハナコも全国ツアーやりたいって。でも東京が一番いいお客さんなんだよなあと、川瀬名人も「東京はキャパが広いからそれに甘えてると地方で全然ウケない」と言ってました。

13,四千頭身 サッカーとCM

 サッカーのゴールパフォーマンスをやりたい都築さんとなぜかCMを入れだす石橋さんというネタ。登場した瞬間、うしろの席の男性が「かわいい」とぼそっと言うのが聞こえました。わかるなあ。爆発的な笑いはないけど、一生聞いてられそうな癒し効果を感じます。今回のネタのモチーフはYoutubeの広告だったのですが、時代の切り取り方や目線はするどいけどネタとしては自然でマイルド印象なのがすごいな。価値観が最新で、過去の笑いのテンプレにあまり頼っていない気もします。誰もが若さを強い武器にできるわけじゃない。Youtubeとテレビのギャップを超えられるのは、カジサックよりも四千頭身だったりするんじゃないかと、なんとなく。

14.スピードワゴン 変な人って思われたい

 「五輪は観ない、興味ないんだよね…」と変わった人であるアピールをする小沢さんからスタート。ふわっと始まったから、どこに着地するんだろう…と思っていたら、ちゃんと伏線も回収されてすごいなあ。

15.アンガールズ アンガーマネージメント

 絶対怒らす田中vs絶対怒らない山根。先日のWEL FESでも見ましたが、今日の方がウケてた気もします。

アンガールズは「絶対怒らす人vs絶対怒らないアンガーマネジメントできる人」みたいなコントをしていたんですけど、ネタよりなにより田中さんがシャツ半分出ていて、それはボケなのかキャラづくりなのか図らずも起こった事故なのか気になって気になって仕方なかったです。ツッコんでほしかった。

2018年度前半行ったライブ、コンサートなどを振り返る(2018.4~2018.9)/アイドル、クラシック、お笑い - それも人生

今日の田中さんは上半身がスウェットだったので、裾がパンツにしっかりインされているかを心配しなくて大丈夫でした。

16.タイムマシーン3号 内見

 本日結婚4ネタ目。導入の「結婚したい」だけで笑いが起こりました。それもしっかり拾う関さん。「結婚するなら広い家に住みたい」とマンションを内見しに行く流れ。関さんの達者な芸をちりばめた展開が、山本さんの簡潔なツッコミで整頓されていく気持ちよさは、ネタをみるたびほれぼれしますね。

17.和牛 仕事と私どっちが大事なの

 川西さん演じる彼女がめんどくさい彼氏の水田に振り回される定番のやつ。水田のマジレス感はマジなんですね。生で見ると一層めんどうくさいなと思えました。水田さんが見慣れない格好しているなと思ったら、いつもの水玉スーツからこっくり茶色チェックに新調していました。それでM-1も出るのかしら。水玉スーツよりしっくりくるなと思います。

18.ハナコ 犬

 KOCの一本目。岡部さんが犬に扮するやつ。広いステージをたっぷり使ってテレビで見るよりも、さらに犬の躍動感が伝わってきました。友達にもらった踏むと音が鳴るおもちゃを岡部犬にあげたときの反応シーン。エサの入った皿をつい蹴ってしまいステージの端まで滑り、岡部さんも反作用で滑ったのがバカ受けでした。Aマッソのネタとばしとこのシーンはライブならではでしたね。KOCのときよりも力が抜けていて、練度が上がってるなという印象を受けました。

エンディングMC:ウエストランド




ラバーガールのネタが始まったとき、正直その直前のAマッソがかなり面白かったので、暗転の時間だけでは余韻が抜けず。頭にあんまり入ってこないのでは…と不安な気持ちになりましたが、ネタを見ているうちにラバーガールの世界観に引き込まれました。今回のライブは一組の尺が結構長かったのもあって(6分~10分くらい?)、間のとり方セリフのため方など客席の反応を見てフレキシブルに対応しやすいのは魅力だと感じました。一度テレビやYoutubeで見たことあるネタでも、「この下りはこの伏線になっていたのか~」とか発見があって楽しかったです。アルピーやスピードワゴンの漫才は、フリがかなり長くはらはらしたので、まあこういうネタはTVサイズではできないなと思いました。行列の先頭、とても楽しかったので、来年もいけたらいいな。終わり!