それも人生

他の人間を口説いた言葉でわたしを口説かないでほしい

八景島シーパラダイスに行った

新年あけましておめでとうございます。

 

年末年始はたいして面白くもないテレビ番組をぼんやりと眺め、虚無の時間を過ごしてしまいがちですね。

わたしは休みに入る前は、休みに入ったらやりたいことリストを続々と増やしていたのですが、いざ休んでいる段階になるとやりたいことリストをうまく思い出せない…記憶喪失になっています。

ぼんやりとは思い出せるのですが、そのやりたかった度ランキングが判然としない。どれもすごくやりたかった気もするし、できたらやりたい、やらないよりはやりたい程度の気持ちだった気もするといった具合です。

 

そこで、「開設以来半年以上放置していたブログを更新したい」という優先順位の高そうな低そうなことにも手をつけることができました。

とにかく更新したいので、中身は何でもいいのですが、せっかくなので、昨年末、初めて八景島シーパラダイスに行ったので感想を記しておきます。

パーティは、二十歳半ばの妙齢の女性3人をおのおの想像してください。

おぼろげな記憶と偏見で書くので事実とは異なります。

 

 

感想①立地について

 

大変遠かったです。Yahoo!乗り換え検索したら、金沢文庫から49分歩くか、金沢八景で乗り換えなさいとのことで、金沢文庫金沢八景もどこだよ…と思いつつ、金沢八景からシーサイドラインに乗り換える方から行くことにしました。

品川から京急に乗り換えたら、たまたま京浜東北線が死んだ日に当たって激混み。

普段は関東の田舎の方しかいないので、久しぶりに肋骨折れそうな体験をしました。

ほんと23区に働きに出かける人たちは偉いよ。土日であんなに死を感じることってあんまりないと思うのでいい体験ができました。

 

横浜で人がだいぶ降りたからちょっと楽になり、ようやく着いた金沢八景

何にもなくて不安になる。何もないことはないんだけど、ただ人が淡々と生活しているんだろう雰囲気。

高架を走るシーサイドラインに乗ると町が一望できるのですが、穏やかな海と遠くに見える山、その間を埋める家々のまにまにみえるイオン、紳士服の青山という風景、退屈な地方都市そのものといった風情…

マンションもたくさんあってほとんどシーサイドラインにベランダが向いている。

家族の分だろうなという量の洗濯物が並んでいるベランダ、平和な休日を体現したかのような風景に、「なにもないねー…」という感想からいつのまにか

「この街、不倫が似合いそう…」と思わず偏見がこぼれ出てしまいました。

同行の友人も同意。

「あの団地なんか、ヤマトのお兄さんが配達に来たら情熱的な人妻に誘われ…って雰囲気がすごい!」

「夫は横浜で働いているとして、帰宅は8時ごろだろうから、幼稚園終わった後、子供を習い事に行かせたら時間ができるから、幼稚園の先生と会えるよね~!」

「ありそうありそう」

と盛り上がって、つい「金沢八景 不倫」で検索すると5番目に出てきたサイトがこれ。

 

【画像あり】ドラマ「昼顔」ロケ地巡りまとめ - NAVER まとめ

 

うそでしょ…不倫ドラマの王者のロケ地が金沢八景だなんて…

しかも斎藤工関東学院大学金沢八景キャンパス勤務なの…

 

「この街不倫が似合う」という気持ちがプロと共有できた気ができてうれしい気持ちになりました。振り返ると、これがこの日の感情のピークです。

 

 

感想②遊園地結構楽しい。

 

フリーパスを買ったのでアトラクションも満喫しました。

 

ブルーフォールというやつ、高いとこまで垂直に連れていかれて落ちるタイプのあれですが、107mは意外と高いですね。

いつまであがるんだ…からの落ちていくときに浮く感覚、わたし、飛んでる!みたいな気持ちになれます。

もちろん景色も良かったです。

 

ドランケン・バレルというコーヒーカップのような乗り物も良かった。

コーヒーカップ自体が斜めに傾くという意外な趣向が凝らされていて驚いた。今まで体験したことのない感じが味わえます。

 

リヴァイアサンというジェットコースターは、浮遊したり重力から自由になるという恐怖よりは、圧倒的スピードを楽しむ感じなのでふわっとしたり落下する感じが苦手な人も行けるのかもしれない。

コース全長が敷地面積に対してクソ長くて、途中から面白くなってくてしまうくらい。

これに乗った後、疲れて30分くらい放心していた記憶があります。

ババアにはハード。

 

定番のバイキングもかなり楽しめました。

船みたいなかたちの乗り物が揺れて、次第に振れ幅が大きくなって行くアレである。

最大傾斜は65度らしい。これが他の遊園地と比べて大きい方なのかはわかりませんが、なかなかの浮遊感があって乗車時間もたっぷりで堪能しました。

これはついおかわりライドをキメてしまいました。妙齢の女3人で…

 

あとはインスタに上げる用の写真を撮るために、日が暮れてからメリーゴーランドに乗りましたが、妙齢の女たった3人のために動かしてくれて優しかったです。ありがとうございました。

 

昼から行ったので全部は乗れなかったけど、どのアトラクションも空いてるし(シーズンを外しているせいもあるのかもしれないけど)、クオリティもだいたい期待値+αという感じがします。

併設遊園地にはなにも期待をしていなかったので、意外にいろいろ頑張ってるんだなあと好印象をもちました。

 

 

感想③水族館普通に楽しい

 

まじで計画性が皆無で行ったので、帰ってきてから「あれ、ジンベイザメいたらしいよ?」「そういえばイルカショーとか見てないな…」という具合でしたが、楽しかったです。

ジンベイザメとイルカショーを外してもなお楽しめます。

 

ふれあいラグーンでは、シロイルカもゴンドウクジラも近寄ってきてくれて触ることができました。

バンドウイルカが3匹いるプールは2匹がキャッキャウフフをしているのに対し、1匹は一人でボール遊びを永遠としている構図が素敵でした。永遠に見れそうな勢い。

ペンギンたちがクリスマスっぽい帽子やポンチョを着てよちよち歩く催しも最高でした。

 

多分目玉であろうイワシのショーはほんとに美しかったです。

全体的にアクアミュージアムの方はプロジェクションマッピングもやっていたし、常設の水槽でも照明や演出が凝っていて、ずっとわくわくさせられました。

深海フロアに行けなかったのが心残りなので、また行きたいです。

 

 

感想まとめ:すごく頑張ってるのに、なにが残念なんだ…

 

テーマパーク全体として随所に創意工夫が感じられます。

クリスマスシーズンだったので、イルミネーションもいたるところでやってるし、面白かったのが、釣り堀横のスピーカーから流れていた

「釣って、とって、食べる!釣って、とって、食べる!」というアナウンス。

釣ってとって食べるのだ、なんとわかりやすいことだろう、さっきまで水族館で見ていた魚たち。あ~食べたいな、そんな需要に応えて釣り堀を用意しているわけだ…。

めちゃくちゃ気が利いていますね。

 

アトラクションも楽しい、水族館もほんとに楽しい。あふれんばかりのホスピタリティを感じる。最高のアミューズメントパークに違いないのに、どうして、どうして、

こんなに人がいないのか――――

冬どまんなかに行ったせいかもしれないけど、ほんとに人が少なくて驚いた。

園内が広すぎて、人が散らばって見えるだけ説も残っているけど、小さい子供がいるファミリーとダサいおソロコーデの中学生カップルみたいなのしかいないのさみしいよ。(MA-1×白パーカ×黒スキニーカップル2組はいた)

 

クソ寒かったのもあって、ここは北陸かな?

間違えて柏崎にきたのかな?柏崎シーパラダイスに来てしまったのかな?

いや北陸にもいい娯楽施設があるんだなあ、もっと東京からも遊びにきてもいいのにね!

ってここは横浜市だというのに…横浜市にある北陸かよ…

 

せっかくウキウキおソロコーデしてきたカップルがかわいそうだろ…

こんな田舎になにおソロコーデとか浮かれすぎだろwwみたいな空気にするのやめてあげたい!(勝手に思ってるだけだし余計なお世話)

 

確かにお土産物やさんのラインナップが流行ってないサービスエリアみたいだったり、「帰りたくないカップルに――」とおすすめしている1泊5000円台(安い)の併設ホテルが合宿所みたいで屈強なボート部の男たちが出てきそうとか、様々な気になるところはあるかもしれないけどさ…

 

個人的には「ほら楽しめ!」という圧が某千葉テーマパークみたいに過剰じゃなくて大変過ごしやすかったです。

いろいろ頑張ってみたんだけど、気に入ってもらえるかな…?という謙虚な彼女のような誠実さを感じます。まじいい女。そんなこといって実際すごいよ!だいすきだよ!と抱きしめてあげたい。

 

もう何度か足を運んで、八景島の魅力を発掘し、どうにかもう少しにぎわってる雰囲気になるように微力ながらお力添えしたい。そんな気持ちになった八景島シーパラダイスでした。

 

ホームページ見たら大晦日から元旦にかけてオールナイト営業らしいですね。

にぎわっているといいな。

もうすこし行ってみたくなるようなエントリを書きたかったです。ぜひ。

 

www.seaparadise.co.jp